顔の乾燥対策

顔の乾燥対策はこうしよう

乾燥肌対策

 

「カサカサ、パリパリ」の顔の乾燥。乾燥対策は、乾燥しにくくなるお肌に整えてあげる事です。

 

「顔がカサカサして、つっぱる」「乾燥しない対策法ない?」
季節の変わり目や冬は、顔の乾燥が特に気になります。多くの女性の悩みです。
顔の乾燥は大きく「季節的な乾燥」と「慢性的な乾燥」の2種類に分かれます。

 

乾燥しやすい季節に、洗顔で肌に必要なものまで洗い流したり、肌に必要以上の栄養分を与えるのはNGです。
乾燥する季節は、乾燥しにくくなる肌に整える事が乾燥対策のポイントです。
あなたのスキンケア方法、あってますか?

 

 

顔の乾燥の種類

 

顔の皮膚が乾燥しやすいのは、皮膚が体に比べ薄く、常に外気に晒されているからです。
顔の乾燥の種類は大きく分けて2種類あります。
「季節的な乾燥」といって、空気が乾燥する冬などに起こる乾燥。
いつもと同じお手入れなのに、冬には顔が乾燥する。これは空気の乾燥による一時的な肌の乾燥です。

 

「慢性的な乾燥」は、生活習慣、肌に合わないセルフケアなどの負担の蓄積で起こる乾燥。
こちらは、冬に限らず一年中顔の乾燥が気になります。
生活習慣や肌に合わないセルフケアなどで、肌が乾燥しているケースです。

 

まず、自分の顔の乾燥がどちらのタイプか知りましょう。
乾燥したら保湿をすれば大丈夫と思っていませんか?乾燥の原因が他にもあるかもしれません。
顔の乾燥をそのままにしておくと、かゆみ、かさつきなどのトラブルを引き起こします。
顔の乾燥対策をする前に、乾燥の原因を知っておきましょう。

 

顔の乾燥原因

 

季節的な乾燥の主な原因は、空気の乾燥です。
気温が低い冬は、空気中の水分が少なくなります。
水分は乾燥しているところへ流れる性質があるので、空気中の水分が減ると、肌の水分が逃げてしまい、結果顔の乾燥が起きるのです。
いつもと同じスキンケアで、冬になると顔がカサついたり、粉をふくという人は、ほとんどが季節的な乾燥です。
更に冬は体が冷えるので、血行不良になり、肌の表面を覆う皮脂が減り、肌の水分が蒸発しやすくなります。
顔はからだに比べて水分が逃げやすいものなんです。
一時的なものと言っても、いいかげんな手入れで済ましていると、乾燥状態が慢性化してしまいます。
そうなる前に顔の乾燥対策を行いましょう。

 

慢性的な乾燥原因

 

慢性的な乾燥は、肌に合わないセルフケア、生活習慣、加齢などの蓄積が原因です。
一年中、顔の乾燥が気になる人、しっかり保湿しているにもかかわらず肌がカサつく人は、慢性的な乾燥です。
お肌は、加齢とともに乾燥しやすくなります。
年をとると皮脂の分泌量は減るので、肌の水分が逃げて乾燥しやすくなるのです。

 

季節的な乾燥、慢性的な乾燥のどちらも、そのままにしておくと、かゆみ、湿疹などの肌トラブルの元です。
肌の乾燥を予防するために、簡単に出来る対処法から試してみましょう。

 

 

顔の乾燥対策

 

1、自宅でのスキンケア

スキンケア

顔の皮膚は薄く、厚さ平均1.5〜2ミリ、一番薄いまぶたは0.6ミリ程度しかありません。
洗顔は26〜30度程度のぬるま湯で行いましょう。高温のお湯では、顔に必要な皮脂も落ちてしまいます。
洗顔時にゴシゴシと強くこする、洗顔後にタオルでゴシゴシ拭くと、摩擦で乾燥が進んでしまいます。
洗顔後は、お肌の角質層まで浸透する化粧水を使い、油分の多い乳液やクリームで水分が逃げないようにフタをしましょう。洗顔・入浴後すぐのタイミングでお手入れをして下さい。
化粧水は水溶性の保湿成分入りのものをおススメします。

 

・ヒアルロン酸・コラーゲン・エラスチン・グリセリン
・プロピレングリコール(PG)・ブチレングリコール(BG)

 

乳液やクリームは、油性の保湿成分が入ったものがいいでしょう。

 

・セラミド(ヒト型セラミド )・ステアリン酸コレステロール・スフィンゴ脂質・水素添加大豆レシチン

 

乾燥が酷い部分には、ワセリンもおススメです。

 

2、生活習慣チェック

 

睡眠不足

睡眠不足、暖房のつけすぎは要注意です。
部屋の湿度は40〜60%程度が理想的です。部屋の湿度が低い時は、加湿器をつけましょう。
濡れたタオルや洗濯物などを室内に干すのも効果的です。
自宅にエアコンしかないという人は、風が出るあたりに濡れた布をかけると良いです。

 

3、食事

 

偏った食事内容、食事量が極端に少ないと、肌の乾燥につながります。バランス良く食事を摂りましょう。
栄養素不足は、代謝が悪くなり皮脂量が減るため、肌の潤いがなくなり、乾燥しやすくなります。

 

4、ストレス

 

ストレスを感じるとホルモンバランスが崩れ、肌の水分量が減ります。

 

5、タバコ

 

タバコを吸と、体内のリズムが狂います。また、発生した一酸化炭素によって細胞が酸素不足になります。

 

12月〜2月は特に湿度が低くなるため、空気の乾燥、肌の保湿に気をつけて下さい。
顔の乾燥が進んで、酷いトラブル状態になったら、早めに皮膚科を受診しましょう。

 

目の下のカサカサを治す

目の下のカサカサが酷くて困ってたんです。エステナード美容器を使ってからは、潤いが戻って綺麗な肌に戻りました。